In-house Japanese Tall Tale contest report

東京インターナショナルTMCニュース  : 8月23日 日本語ほら吹きインハウスコンテスト

例会とコンテストの二本立てという盛り沢山の内容にもかかわらず、コンテストは時間通り開始となりました。
まず審査委員長から審査員や集計係に対して諸注意の伝達が行われ、いよいよスピーカーの登場です。

コンテストスピーチの内容は今後も競技が続くので詳しく記載できませんが、雰囲気だけでもお伝えできればと思います。

トップバッターはK.I.さん。
私たちが普段目にしている世界の意外な真実を、ダジャレや大きなジェスチャー、小物を使ってユーモラスに表現していました。
普段はまじめな印象のIさんが、(顔はまじめなまま)突然大声を上げてスピーチを始めたので最初は呆気に取られていましたが、徐々にその世界観に引き込まれ、観衆は笑いに包まれました。

 

2番手はH.Kさん。
まず、最初の質問からぷっと噴き出してしまいました。導入から聴衆の関心をがっちり掴んだKさん、お話はファンタジックで場面展開が大きく、続きが気になってレポートを書くのをしばらく忘れて聞き入っていました。コンテストであっても「今夜の言葉」を上手く取り入れる余裕を見せていました。

 

最後はT.M.さん
なんだか難しそうな話なのか、と思いきや、ダジャレや他のコンテスタントのネタも軽妙に取り込み、会場を爆笑させました。とにかく、「ここまでひねるか」というくらい、ツイストが効いていて、最後は聴衆も巻き込んだ締めくくりが印象的でした。

スピーチ終了後、各コンテスタントにインタビューが行われました。
K.Iさんは、イベント例会での出来事をもとに、今回のスピーチのネタを思いついたそうです。
H.K.さんは、どこまでが本当の話なのか?と問われ、殆どご自身で考えた、と答えていました。元ネタは過去のほら話のコンテスト動画を見て思いついたそうです。
H.K.さんは、なんと直前にスピーチの長さを2分短くして臨んだそうです。ネタを見つけたきっかけは、出張先で目にしたオブジェ。普段はほらを吹かれる側だそうです。

<ビジネスセッション>
★お知らせ
今回から記入用紙に直接希望する役割を宣言する方式を取り入れます。

★ゲストセッション
今回は1人のゲストの方から感想をいただき、新たにTITMCに入会してくださると宣言がありました。

以上!  R.T

#273 通常例会レポート!

TITMC #273 Meeting report on August 9,2017

Happy Summer time!

Hi!everyone.
How are you spending your holidays?

Today’s meeting were held at small meeting room.
So,the room was full, and was filled with heat and smiles!.

Today’s ‘word of the evening’ was ‘futuristic’.

For first one hour, it was a bilingual session.

There were 5 parts
1.ICE BEACK :All the members talked in turn about a subject in English or Japanese.
2.Table Topics(in English)
There were 3 topics about summer.
Members showed talks about Ice cream,fastival and the situation like a SF TV drama .
3.Table Topics(in Japanese)
There were 3 topics about tall tales.
Because we will have a tall tales club contest next week.
Members answered for the questions of the theme with a big imagination.
4.Grammarian’s report and General evaluation

One hour of the latter half was a Japanese session.

There ware6 parts,
1.Prepared speeches #1
2.Prepared speeches #2
3.Interview session for today’s speakers
4.Evaluation for speaker #1
5.Evaluation for speaker #2
6 Grammarian’s report and General evaluation

今夜の言葉は「先を見越した」でした。
スピーカーの皆さんは、即興で上手にこの言葉を自分のスピーチに組み込んでいました。

準備スピーチ1のR.T.さんは、このクラブに入ってはじめてのスピーチを披露。
「言葉は食べ物」という素敵なタイトルで、自己紹介とその言葉に託された想いを伝えられていました。
その論評者のY.I.さんは、はじめてのスピーチにもかかわらず、堂々としたスピーチ姿勢や話の構成などの
素晴らしかった点を挙げるとともに、さらに表情でも伝えると更に良くなるのではとアドバイスしていました。

準備スピーチ2のTM O.N.は、上級マニュアルの「楽しみの題材」というテーマに対して
「ルート」というスピーチを展開。ルートに隠された数字の秘密をユーモアを交えて紹介されました。
その論評者のA.T.さんは、ユーモアを多用しながら、知識を伝えることで皆を楽しませていたと
讃えるとともに、話のエンディングの盛り上げを工夫したら更に良くなるのではないかとアドバイスしてました。

今回も、ゲストの方も二人が参加されて、賑やかな例会となりました。
全員で日本語と英語の両方のスピーチを話して、そして聴いて楽しむことが出来ました。

We really enjoyed with cool and colorful speeches.
Have a good summer!

TM K.S.