MEETING REPORT JUNE 27th

Tokyo International Toastmasters Club Meeting #298(27th, June, 2018) Meeting Report

Toastmaster of the evening was TM O.N.
The word of the day was “Revitalize” by TM R.T.

Speech #1 (TM A.O.):
Pathways Icebreak
The title “Starting Over”.

He talked about why he joined Toastmasters Club.
As a magician, he thought he needed a better presentation skill to attract audience.
Tonight, he performed one of his magic tricks on live and it ended successfully .

Table Topic by TM R.K. (She kindly took this role.):
1) What is the most memorable speech in this term? (TM A.T. said TM A.O.’s speech.)
2) What do you want to achieve in 2018-2019? (TM K.S. said “Go out club with members”.)
3) What do you want to do as an area level event in next term? (TM R.T. said debate competition.)

Speech #2 (TM B.H.):
Pathways Icebreak
The title “where there’s a will there’s a way”.

He introduced himself and talked about why he joined Toastmasters Club.
He also talked about his hometown.
Then his story went into his message “will”, like studying hard and working hard
leading to his current achievements.
That was inspiring speech.

Evaluator TM A.S., her first evaluation in a long while.
Evaluator TM T.M., his evaluation was perfect to motivate TM B.H.

日本語セッション

今夜の言葉はTM R.T.さんより「よみがえる」でした。

スピーチ #3 (TM M.Y.):
CCマニュアル #2: プロジェクト2、スピーチの構成
タイトル「勝敗の決め手はハーフタイム」

前回のTM K.H.のスピーチを取り入れ、老後の話から始まったTM M.Y.
あれ?サッカーの話じゃないの?と思わせておいて、やっぱりサッカーの話になり、
しかし、なんとそれは人生をサッカーに見立てたスピーチだったのです。
人生の前半を振り返り、後半に活かそうという前向きで力強いメッセージとともに、
モラーの格言で締める、というまさに伝道師のようなスピーチでした。

スピーチ #4 (TM K.M.):
ACマニュアル 楽しませるスピーカー: プロジェクト2、Resources for Entertainment
タイトル「金魚のふり見て、我がふり直せ」

金魚の死をトラウマといいつつも、母が大事にしている金魚2匹(名前は一号、二号)の
ほほえましくもあり、笑いありのエピソードを披露されました。
仲の良くない一号と二号のための新しい金魚鉢は二号に与えられ、年功序列ではなく自己主張が
大事ととらえたり、満腹中枢のない金魚が食べ過ぎて飛び出したが、お腹をさすったら、う〇こを
して生き返ったという、信じられないエピソードから食べすぎ注意というメッセージになり、
あまりの展開に唖然とし、大笑いしたのでした。

論評TM E.S.さんは、TM M.Y.さんのパッションに注目
論評TM T.H.さんは、TM K.M.さんの表現力を称賛
また総合論評はTM H.Y.さんよりありました。

ベストテーブルトピックはTM R.T.
ベスト論評賞はTM T.M.
ベストスピーカーはTM M.Y.
でした。
おめでとうございます!

K.A.