Month4月 2019

Meeting Report   #319   2019/4/24

今日の例会はスピーチ6本!そして、いつもよりちょっと豪華な部屋でスタートです。

実は今回は平成最後の例会という時代の節目となりました。そんな例会にTMOEとして例会を仕切ってくれるのは安定感あるTM K.S。いつも通り和やかなムードで進めていきますが、なにせ6本のスピーチ、時間管理の腕が問われます!

1人目のスピーカーはベテランのTM A.O

日本語のスピーチで、スピーチタイトルが「日本語でお願いします」。一体何が始まるのか!?と思わせておいて、ハリウッドスターたちが日本語で話しているまさかの映像に徴収一同びっくり。全体を通じてコミカルさと軽いタッチにあふれつつ、最後には「やっぱり英語を勉強しましょう」と日本語⇒英語と逆の方向に持っていくあたり、ベテランらしいテクニックも感じさせるスピーチでした。

2人目のスピーカーは、今回が初スピーチとなるTM N.K

「関西人気質について」というタイトルで、世話焼き、うるさい、アピール好きという関西人気質がいかにグローバル環境での仕事に役に立つかという、凝った構成のスピーチを披露してくれました。初めてのスピーチであることをみんな忘れてしまうほどスムーズで、気づくとTM N.Kさんの仕事やキャラクターまで見えてくる素晴らしいアイスブレイクスピーチでした!

3人目のスピーカーは、これまた今回が初スピーチとなるTM N.H

「失われた時代(とき)を求めて」という重厚なタイトルで、中国史の勉強をしていた経歴も紹介いただき、そういうスピーチなのかな・・・・と思った矢先、カラオケでのオールナイトが楽しすぎ、自分の人生に足りなかったのは青春だったという驚きの展開!穏やかな口調ながら、まさかの展開で強烈な印象を残すスピーチでした。

4人目のスピーカーはTMJ.I

「なきたい気持ち」という重めのタイトルで、心に響く系のスピーチかなと思ったら、まさかの犬が鳴くときの気持ちを説明する予想外の展開となりました。「泣く」ではなく「鳴く」(むしろ吠える!?)という予想を裏切る展開に加え、来客の種類によって3パターンに分けてご自分の飼い犬の声を分析していく冷静さ、鳴き声もコミュニケーションの1つとして気持ちを感じようというメッセージと、TM J.Iの持ち味が存分に発揮されたスピーチでした。

今日の日本語スピーチは、どれも予想を裏切る展開でインパクト満点。

特に初スピーチのお二人には度肝を抜かれました!

TM A.Oへの論評は、ベテランにはベテランのTM H.Y

スピーチそのものが映画の解説者のようだったという観察眼、結論づけに実体験を交えたほうが説得力が増すという実践的な提案、いずれもさすがはベテランという論評でした。

TM N.Kへの論評は、TM O.N

アイスブレイカーへの論評はスピーカーの印象に残るので、プレッシャーがかかります。その中で良い点を5つも挙げ、スピーカーのやる気と肯定感につなげていく好論評でした。

TM N.Hへの論評は、TMK.M

トーストマスターズに入って間もないTM K.Mですが、良い点が2つに改善提案が1つと、素晴らしい分析力を見せてくれました。改善提案も、より表現力を増すための体の動きを取り上げるなど鋭いものでした。

TM J.Iへの論評はTM M.O

「犬を飼っていない私でも」という分かりやすい言い回しで、TM J.Iの表現力の豊かさを表してくれました。TM M.Oの気持ちがしっかり入った論評で、論評が単なるテクニックではないことを改めて感じさせてくれる論評でした。

After 10 minutes break, English session started.

The first speaker in English session was TM R.T.

As presented in the speech title of “Manage your anger”, she started her analysis of getting anger from her own experience. The speech was full of tips to deal with our emotion. We all understood the steps of anger (Fact recognition => Judgement => Reaction). Also there were many key phrases in the speech which made her speech more impactful – “Let’s control them, not to be controlled by them” “Result of anger is much more severe than its’ cost”

The second speaker was TM K.K.

All the audience wondered what he would talk by the speech title of “Apollo Project”. Actually, it was the speech of leadership style. He told his own experiences of touching many types od leadership, and how he achieved his role model from his experiences. And finally, he explained his ideal leadership model, using John F Kennedy’s famous “Moon Speech” which motivated many Americans by showing vision, not detail.

The evaluator for TM R.T was TM N.K.

TM N.K cheerfully and powerfully evaluated TM R.T’s speech. He explained 3 good points and 1 suggestion. It was clear, easy to understand, and straight-talking evaluation and must have motivated TM R.T a lot!

The evaluator for TM K.K as TM K.H.

TM K.H started his evaluation from honest impression of speech. He explained 2 good points of speech and 1 suggestion for the future speech. The suggestion was about organization of speech to make speech more convincing – this kind of suggestion must be helpful for speaker to brash up the speech more next time!

Today’ best speaker was TM N.H and best evaluator was TM K.H. Congratulations!

Thank you everyone for the great Wednesday night!

MEETING REPORT APRIL 10TH, 2019

Meeting Report (#317) April 10,2019

Toastmasters of the evening was TM R.T.

She perfectly led the whole meeting on time.

The word of the day was “Auspicious”, means “conductive to success”, or “favorable.” TM N.K. picked up this word because it suits the new Japanese era, which was announced last week, “Reiwa.”

Speech #1 TM H.Y.

CC manual#8 The title was “Modeler’s Community“.

He talked about his hobby — making plastic models. He upload his works on SNS website of modelers. Viewers could leave their comment aor evaluations for it, which motivate him. He’s getting loads of comment on his works.

Speech #2 TM N.K.

Pathways Level2 Presentation Mastery

Fried Rice”

When he was student, he worked at a part time job as a cook.

He introduced us how to cook the perfect fried rice!

Evaluator for TM H.Y. was TM M.O. She pointed out some good point, such as his organization of speech, and visual aids, and advised he could talk about his future plan.

Evaluator for TM N.K. was TM K.M. He praised TM N.K.’s great speech topic, construction and body language. One suggestion was that he could change tone and volume of his voice so that he could express his passion and humor more effectively.

Table Topic session was held by TM A.T.

First question was “If you could go back to any era in history, where would you like to go?”

TM D.N. answered that he studied Julius Caesar, so he would like go back to Ancient Rome and attend war!

Are you a dog person, or cat person?

Today’s Guest K answered this question. He likes dog because its royal and always shows genuine love to us. He wanted to be a person like that.

<日本語セッション>

今夜の言葉は、「令聞」。こちらも新たな元号「令和」にちなんだチョイスでした。

準備スピーチの一人目はTM T.M.

Pathways “Innovative Planning” リサーチとプレゼンテーション

タイトルは「おにぎりはなぜ捨てられた?」食品廃棄の現実を知ったTM T.M.は、少しでも廃棄される食品を減らそうと、コンビニで消費期限が迫ったおにぎりを買おうとしたのですが…なんと、消費期限内であっても、「これはもう廃棄するものなので」と売ってもらえない!おにぎりから見えてくる、フランチャイズ経営の問題点をわかりやすく、独自の視点で解説するスピーチに、思わずTMOEからは「池上先生・・・?」との感想が。

準備スピーチ二人目はTM Y.O. CCマニュアル#4表現方法

タイトルは「ランニングから見えてきたもの Part2」。前回のスピーチと同テーマを、さらにブラッシュアップし、人類の進化と経済成長との相関関係を論じる真面目なスピーチ…かと思いきや、そこはやはりTM Y.O.。独自の理論とあまりに独創的な表現の数々(例:「本能のツンデレ」)に会場は爆笑の渦と化し、TMOEからは「トールテールスピーチ…?」との突っ込みが。

TM T.M.への論評はTM Y.I. ベテランメンバーらしく、理路整然とした的確な論評を行い、リサーチというテーマから、発表資料について「根拠を明確にするため、出典を明記した方が好ましい」との指摘にはなるほどと納得させられました。

TM Y.O.への論評はTM K.A. 言葉の使い方の独創性や、論理がおかしいにも関わらず謎の説得力を持たせる話術の巧みさを、こちらもユーモアたっぷりの切り口で論評を行いました。

総合論評者はTM J.S. 各論評者の論評のほか、「令和」にちなんだオープニングから、TMOEによる時間とおりの進行といったミーティング全体についての論評を行いました。

ベストテーブルトピックはゲストのKさん、

ベスト論評者はTM K.A.さん、

ペストスピーカーはTM T.M.さんでした。

おめでとうございます。

さらに、Kさんの入会式が行われました。これからよろしくお願いします!

新メンバーを迎えて、ますます国際色豊かになった東京インターナショナルトーストマスターズクラブでした。