Meeting report of Nov. 8th,2017

We smoothly started our TM club meeting for the meeting# 280 on time as usual.
Because today TMOE is TM E.H, she is one of our club master, so everything was just started very smooth and made us very comfortable atmosphere.

This time we had two guests, and one of them used to attend INDIA and Hong Kong TM clubs. Wow, he has already been experienced for Global TM clubs and holds excellent English skills.

Tonight’s Word of the Evening was “iffy”. Our Club President of TM K.S draw the face of “Miffy” on the whiteboard, but the tonight words “iffy” which doesn’t have any connection with “Miffy” (Hahaha… ) The other meaning is uncertainty.

For first one hour, it was an English session.
First speaker was TM S.H. This is the first time for him to speak out for our TM club.
The title is “My Self”. This speech was project#1 “The Ice break”, so that he explained the culture of Sri Lanka and how different between Japan and his hometown.
Even though, his first speech, he always gave his smile and showed his confidence on his speech.

Second Speaker was TM C.Y. The title was “A Procedure for Toastmasters Club Establishment” Didn’t he bring such a great PPT material from TMC organization? The all slides of PPT were very awesome. His speech was very excellent and it was very easy to understand for audiences to hear what he would like to explain.
He is one of veteran of out TM club, so the contents of the slide and the speech were exquisite timing.

Third Speaker was TM H.S. The title was “Memory Palace”.
The aim of project is #8 “Get comfortable with visual aids”, so that he usually prepared PPT materials with Artistic sense and always invited us to imagination and the surprise world. As to how to memorize, it was unique to get hints from objects of regular commuting courses. It was very smart and unique speech.

そして休憩の後、日本語の部へ移行。
今夜の言葉は「心許ない」(こころもとない)

日本語の部の最初のスピーチは、TM M.Yさん。タイトルは「あきないもの」
終始お米の話をして頂き、お米の種類、歴史、数値まで、メモを見ずにすらすらとスピーチされ、お米に関して非常に勉強になるスピーチでした。湯沢に旅行に出かけた際に、美味しいお米を家族と食べて思いついたスピーチとのことでした。「お米をおかずにお米を食べる事が出来る」という言い回しが笑いを誘いました。話を聞いているだけで、お腹の音が聞こえたのは、決して私だけではなかったと思います(笑)

そして2番目のスピーチは、TM S.Iさん。タイトルは「百獣の王」
ビジュアル資料をお持ちしており、タレント武井壮の写真を見せて、会場を笑いの渦に包みました。
百獣の王を検索すると、最初に出てくるのは武井壮だそうです(笑)
本来の百獣の王とは、かつて猛獣会を君臨していた、「バーバリーライイン」という種で、普通のライオンの1.5倍の大きさ全長3m、体重350kgもある巨大なライオンだったことです。

時間が余ったので、ここで即興のテーブルスピーチが発令!
TM K.Aさんが、即興にも関わらず素晴らしい内容のトピックをご用意されていました。

テーブルトピックのコーナでは
日本語(秋にちなんで)
1 好きなスポーツは? ゲスト Yさん「毎日ジムで汗を流すこと」
2 好きな食べ物は? TM K.Hさん「ワインを飲みながらステーキを食べること」
3 好きな芸術は? ゲスト Tさん「スペインで建築物を見ること」
4 ネットで買えるとしたら、何が一番欲しい? TM A.Oさん「時間を買う!」
本を読むのにも時間が必要ということで、TM A.Oさんの創造力の豊かなテーブルスピーチに爆笑でした。

そして最後に嬉しいニュースが、我々のクラブTokyo International Toastmasters Club(TITMC)が
” President Distinguished Club”の賞を頂きました。
昨年からご活躍された元会長のTM A.Oさんと元教育担当のTM K.Sさんの頑張りがあったからこそ、この賞を頂く事が出来ました!ありがとうございます!

TM E.HさんのTOMは素晴らしく、時間通りに第280会の例会は閉会となりました。

2017 Dinner Meeting Report! Oct.25th,2017

 

冷えた雨の中たどりついた、
そのお店の雰囲気は、
10数人で集まるにはピッタリの
暖かな明かりにこじんまりとつつまれた
ちょっとおしゃれなお店でした。

いろいろな仮装をした中で
メキシカンなケータリングも届き
ドリンクと料理を自分たちで並べ、
続々とメンバーが集まってくる中で、
田町の駅からハロウインの仮装で来るメンバーも!
(TM T.H.さん。もちろん、満場一致でベッストドレッサー賞です)

TM K.A.の乾杯のスピーチのあと、
最初のコーナーはディベートセッションです。
朝ごはんは”パン”か”お米か”。
くじ引きで決まった3人づつのチームに別れ、他のメンバーが判定します。
実は米派の3人が、”パン”派チーム。
ヒゲのカールおじさんTM K.Y.が、
日本の農業を救うため、小麦農家を
優遇することが必要と主張すれば、
かなり本格的な海賊姿のTM O.N.が
朝食としてのお手軽さを主張する。
そんななかでTM G.K. が、
米を食べるから足が短くなる。
パンをたべて東京オリンピックに備えるべき!?と持論を展開。

 

迎えうつ形になった、”米”派チームは、
TM.K.S.が昔の日本人は米食だったこと、
(粟やひえじゃない?と反駁されましたが。。。)、
いろいろなおかず〜お茶漬けや明太子にも合う懐深いバリエーションなどの主張をしたあと、
天使の輪が似合っていたTM A.T.が
農業は多数の米農家をまず救うべき、
米は朝レンジでチンでお手軽だ、
足が長いアフリカも米を小麦より食べてると切れのいい反駁をしたあと、
リボンを頭につけた以外は、
紳士なビジネスマンTM.K.H.が、
かなり強引だった主張をスマートに、もっともらしく、
古来からの日本文化は米文化なのだとまとめあげました。
が、なんと言っても、このディベート対決の真の主役は、
小悪魔衣装に見を包み、ビシッ!、バシッ!、
タイムキーパーをする司会のTM R.T.でした。

判定は、ディベートの横のテーブルで、
くつろぎながら楽しんでいた5人。
本当に聞いていたのかどうかは別として、
それぞれのコメントは、ほろ酔いの中、
普段の論評で鍛えられた片鱗を見せていました。
勝利を掴んだ”米”派チームがハイタッチで喜び合う中、
パンは”トースト”だった!!!
とあとで気づいた”パン”派チーム。
3人の悔しそうなリアクションが印象的でした

次のコーナーは、なりきりスピーチ。
最初のなりきりは、
”くだらない検索に付き合わされてぼやきまくる検索エンジン”。
ユーモアスピーチの達人TM K.A.が、その独特の言い回しと雰囲気で
検索エンジンの悲哀を好演するも、
2分のスピーチを誰も計測してなくて、
止める人がいない事態で、
いつまでも演じ続けるはめに。。。
もうっ、いいかげんにしてくれという
検索エンジンの切ない心の声を、
酔っ払いの面々は、
まだスピーチが続いているのだと一同真剣にどこまでも聞き入っていたのでした。。

実はおじいちゃんのミッキー役はTM J.S.。
「ミッキーの真似して!」の声に、
一生懸命大きなかすれ声で
ミッキーマウスの歌を披露するも、
それ、真似じゃないです。。とツッコミが。。。
赤ちゃんの独り言は、TM T.H.。
ボーカルバラエティとボディランゲージを
駆使して、大人びた台詞を口にしてました。

実は200歳を超えた魔女を演じたTM E.S.。
最初から配役が決まってたのではと思うほど、ピッタリな役どころで、
お酒を飲むとモンスターになる魔法をかけてました。
だいぶ前から、飲み過ぎモンスターになっていた人もいましたが。。

総理大臣としてTM R.T.も再登場。ディベートを社会にひろげて行きます!
と主張するも、酔っぱらいにはマントと”つの”の印象が強すぎて、
世界を支配すると宣言しているような雰囲気でした。。
神様TM T.M.も降臨しましたが、実は真の姿は新橋の酔っぱらい。
毎年恒例となったそのネクタイはちまき姿は、今年も健在でした。

 

自分の想像の遙か上をいく素晴らしいディナー例会でした。
帰り道や、電車の中でも楽しかったといって話が止まりませんでした。
複数のメンバーの相乗効果ってすごいですね。
何だか、クラブの結束も高まった気がします。

ディナー例会企画・準備していただいた
企画チームの4人の皆さん。
TM T.M.,TM J.S.,TM E.S.,TM R.T.
素敵な例会を有難うございました!

K.S.

次回 通常例会 11月22日

※次回例会は、2017年11月22日(水)です!!

平日 隔週の水曜日の夜に

1時間の日本語の部と、1時間の英語の部

バイリンガルでスピーチと論評を行います。

ゲストの方もご見学大歓迎です。(無料です)

場所は、きゅりあんの5階 第一講習室です。
(アクセスは例会案内メニューより)

見学の申し込み等は、お問い合わせメニューから、お願いします。

予約無しでも、当日、会社帰りに直接会場に来ていただいても構いません。

英会話を勉強中の方、プレゼンテーションを練習したい方、

ビジネススキルを上達させたい方、メンバーそれぞれ

いろいろな目標を持ってで参加しています。

ぜひ、仕事帰りにお気軽に見学にいらっしゃってください。

In-house Japanese Tall Tale contest report

東京インターナショナルTMCニュース  : 8月23日 日本語ほら吹きインハウスコンテスト

例会とコンテストの二本立てという盛り沢山の内容にもかかわらず、コンテストは時間通り開始となりました。
まず審査委員長から審査員や集計係に対して諸注意の伝達が行われ、いよいよスピーカーの登場です。

コンテストスピーチの内容は今後も競技が続くので詳しく記載できませんが、雰囲気だけでもお伝えできればと思います。

トップバッターはK.I.さん。
私たちが普段目にしている世界の意外な真実を、ダジャレや大きなジェスチャー、小物を使ってユーモラスに表現していました。
普段はまじめな印象のIさんが、(顔はまじめなまま)突然大声を上げてスピーチを始めたので最初は呆気に取られていましたが、徐々にその世界観に引き込まれ、観衆は笑いに包まれました。

 

2番手はH.Kさん。
まず、最初の質問からぷっと噴き出してしまいました。導入から聴衆の関心をがっちり掴んだKさん、お話はファンタジックで場面展開が大きく、続きが気になってレポートを書くのをしばらく忘れて聞き入っていました。コンテストであっても「今夜の言葉」を上手く取り入れる余裕を見せていました。

 

最後はT.M.さん
なんだか難しそうな話なのか、と思いきや、ダジャレや他のコンテスタントのネタも軽妙に取り込み、会場を爆笑させました。とにかく、「ここまでひねるか」というくらい、ツイストが効いていて、最後は聴衆も巻き込んだ締めくくりが印象的でした。

スピーチ終了後、各コンテスタントにインタビューが行われました。
K.Iさんは、イベント例会での出来事をもとに、今回のスピーチのネタを思いついたそうです。
H.K.さんは、どこまでが本当の話なのか?と問われ、殆どご自身で考えた、と答えていました。元ネタは過去のほら話のコンテスト動画を見て思いついたそうです。
H.K.さんは、なんと直前にスピーチの長さを2分短くして臨んだそうです。ネタを見つけたきっかけは、出張先で目にしたオブジェ。普段はほらを吹かれる側だそうです。

<ビジネスセッション>
★お知らせ
今回から記入用紙に直接希望する役割を宣言する方式を取り入れます。

★ゲストセッション
今回は1人のゲストの方から感想をいただき、新たにTITMCに入会してくださると宣言がありました。

以上!  R.T

#273 通常例会レポート!

TITMC #273 Meeting report on August 9,2017

Happy Summer time!

Hi!everyone.
How are you spending your holidays?

Today’s meeting were held at small meeting room.
So,the room was full, and was filled with heat and smiles!.

Today’s ‘word of the evening’ was ‘futuristic’.

For first one hour, it was a bilingual session.

There were 5 parts
1.ICE BEACK :All the members talked in turn about a subject in English or Japanese.
2.Table Topics(in English)
There were 3 topics about summer.
Members showed talks about Ice cream,fastival and the situation like a SF TV drama .
3.Table Topics(in Japanese)
There were 3 topics about tall tales.
Because we will have a tall tales club contest next week.
Members answered for the questions of the theme with a big imagination.
4.Grammarian’s report and General evaluation

One hour of the latter half was a Japanese session.

There ware6 parts,
1.Prepared speeches #1
2.Prepared speeches #2
3.Interview session for today’s speakers
4.Evaluation for speaker #1
5.Evaluation for speaker #2
6 Grammarian’s report and General evaluation

今夜の言葉は「先を見越した」でした。
スピーカーの皆さんは、即興で上手にこの言葉を自分のスピーチに組み込んでいました。

準備スピーチ1のR.T.さんは、このクラブに入ってはじめてのスピーチを披露。
「言葉は食べ物」という素敵なタイトルで、自己紹介とその言葉に託された想いを伝えられていました。
その論評者のY.I.さんは、はじめてのスピーチにもかかわらず、堂々としたスピーチ姿勢や話の構成などの
素晴らしかった点を挙げるとともに、さらに表情でも伝えると更に良くなるのではとアドバイスしていました。

準備スピーチ2のTM O.N.は、上級マニュアルの「楽しみの題材」というテーマに対して
「ルート」というスピーチを展開。ルートに隠された数字の秘密をユーモアを交えて紹介されました。
その論評者のA.T.さんは、ユーモアを多用しながら、知識を伝えることで皆を楽しませていたと
讃えるとともに、話のエンディングの盛り上げを工夫したら更に良くなるのではないかとアドバイスしてました。

今回も、ゲストの方も二人が参加されて、賑やかな例会となりました。
全員で日本語と英語の両方のスピーチを話して、そして聴いて楽しむことが出来ました。

We really enjoyed with cool and colorful speeches.
Have a good summer!

TM K.S.

ようこそ

「英語でも日本語でもスピーチが上手にできるようになりたい!」
「もっと人の前で、自信をもって話せるようになりたい!」
「プレゼンテーション等のビジネススキルを向上したい」

そのようなあなたの夢と目標を、実現させてみませんか?

私達クラブは、東京・品川エリアのトーストマスターズクラブです。
英語・日本語の両方で、語学の勉強にとどまらず、コミュニケーション・リーダーシップ能力の上達を目指します。

JR(京浜東北、東海道線)、東急大井町線、りんかい線の乗り入れる大井町駅近くで、平日、通勤帰りの時間を有効活用してみませんか?

【例会日】 水曜日 (毎月第2、第4、第5) 詳しくは、例会案内ページを参照ください。

5/31 TITMC vs 東京論評TMC JOINT MEETING!!

 

次回の次回、5/31(水曜日)は、東京論評TMCとのJOINT MEETING(合同例会)!

東京論評TMCの例会スタイルで、日本語 1時間、英語1時間

各スピーチに対して、論評ぎっちりの例会です。

テーブルトピックスもあり、論評の論評もあり、

多彩なトーク対決をお楽しみ下さい!!!